« 親衛隊VSノロ菌 | トップページ | お知らせ♪ »

2012年11月28日 (水)

オシャレタウン代官山

Image_3

先日、代官山のスタジオで仕事がありました!思ったより早く終わり、保育園への迎えまでまだ時間があったので、おしゃれタウンを散策。いつもはバタバタと帰ってしまうので気付かなかったが、ここってベビータウンだったのね!可愛い子供グッズが盛り沢山じゃないの!週末に今年の六月にベビーを生んだ友達の家に遊びに行くので、お祝いをここで買うことに。子供物売り場において、目的の物だけを買う為には、一週間飲まず食わずでも目の前のチョコに手を出さないレベルの強い心を持たなくてはならない。悲しいかな私の心は1日でチョコを食べ尽くす程弱いので、買ってしまいました。可愛い子供服をあれもこれもと…。本来のお祝いが若干霞む程です。
  そしてホクホクの私はまだ時間があったので優雅にランチまでこのおしゃれタウンでしてしまいました。がっつりスペアリブランチをオーダー。これで1000円だってんだから、あーた、あたしゃこの店が潰れない心配だよ。と思ったら1600円でした。何故か私の中に血液型への偏見張りにランチと言ったら1000円と言う偏見が根強くある。過去何度もお会計時に「な!?まさかぁ!?」という痛い目を見ているのにこの偏見は本当に何故か治らない。
ひょろっと背の高い若いお兄さんがオーダーを聞きに来てくれたのだが、元々悪い顔色を更に青ざめさせて「こちらのメニューですが、本日ライスを切らしておりまして…ガーリックパンになってしまうのですが…」とこの上ない恐縮振りで言ってきた。そして「もし、どうしてもライスという事でしたら、お時間かかりますが、ぼく、ひとっ走り行って来ます…。」とこの人この後死ぬのかな…?と思う程、陽炎の様な弱々しさで更に言ってきた。……なんだこの弱々しいのに軽いノリ…新手のジョークだろうか…?それとも「時間がかかってもいい。どうしても米が食いたい。」と言ったらほんとにひとっ走り行って来るのだろうか…非常に気になったが、チキンな私は「ガーリックパンで大丈夫ですよ。(だから強く生きてください。)」と言うのが関の山だった。
とにかくこの後の胃もたれと言ったらハンパなかったが、嬉しい仕事だったのに更にこんな楽しいことのおまけ付きで何だかラッキーな一日でした!

|

« 親衛隊VSノロ菌 | トップページ | お知らせ♪ »