« つづき | トップページ | 4月2日 »

2005年4月 7日 (木)

3月28日

今日、友達と「犬のえいが」を観に行きました。いいよ!!これ!!お勧めだよ!!まだ、やってるよね?是非、デュエルマスターズと共に観に行って頂きたい!!しかも、今回はちょっと素敵なおまけまでもがあった。というのは、クライマックス、もうこれはもう、どんな鬼でも号泣のシーン。何処からともなく咳き込む声が!!ふと見ると、4,5歳の女の子が母親に抱きしめられ、やばいんじゃないかというくらいに咳き込んでいた。ぜ、喘息・・?お、お母さん・・映画どころじゃないですから!!早く病院へ・・・!!しかし、何かおかしい・・。女の子は必死に何かを言っていた。
「わ、わんわん、か、か、か、かわいしょうぅぅぅぅぅう・・・!!」
な、泣いてたのね・・・!!!女の子は幼いなりにまわりに迷惑をかけないようにと必死に泣くのを堪えていたが、それがここにきて堪え切れず、爆発してしまったのだ。女の子はこの後も必死に堪えるも感動的なセリフが来るたびに「ぶふぁ・・!!」「ぐふぉ・・!!」と咳き込み、それがまた、なんとも微笑ましく映画がより一層感動的にみえた。そして、女の子は泣くこと以外にももう一つ我慢していたことがあった。映画もテロップに差し掛かり、女の子もほっと一安心。そこで、一言。

「お母さん、おしっこ行きたい。」

この後、啜り泣きが笑いに変わったのは言うまでもない。女の子は見事1時間半戦い抜いたのだ。良く頑張ったね!!このお陰で映画が2倍楽しめました!!

|
|

« つづき | トップページ | 4月2日 »