« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月の投稿

2005年2月10日 (木)

続き

そうこうしているうちにおじさんは色々な海苔を出してきた。だめだ・・・もはや逃げられん・・。と、そこに一際輝いて見える海苔があった。それは、韓国海苔・・これだ!!!何を隠そう私は韓国海苔大好き人間。私にとって焼肉のメインは韓国海苔なのだ。因みに寿司のメインはガリ。焼きそばのメインは紅しょうが。なにはともあれ、韓国海苔ならサービス大歓迎!!
「おじさん!!この韓国海苔をくださいな!!」
「おう!!いくつほしい??」
「え・・?10束で良いです・・。」
「そんなこと言わず、20束買っていきなよ!!サービスするからさ~!」
「え・・と・・じゃあ・・20束ください・・・。」
どうせ私はノーと言えない日本人ですよ・・。
「毎度あり~!!」
おじさんはしわがれた声で景気よくそう言うと、両手一杯に日本の海苔をサービスしてくれました。
(韓国海苔じゃないんだ・・。)
私はそっと唇をかみしめました。なんつって、サービスしてくれてありがとうございました~~!!

この後もついつい勢いに乗ってしまい、二木の菓子で、山ほど色々な豆を買ってしまいました・・。今思うと、何故豆・・?と自分で自分が分かりません。食べ切れません・・。
ともあれ、私は韓国海苔でしばらくはホクホクです。

いや~色々ありましたが、やっぱり、シャバの空気は美味いね!!アメ横、サイコーでした!!

|
|

2月6日

具合もすっかりよくなりまして、健康って素晴らしいな~としみじみ感じる今日この頃。そういえば大風邪を引いてからの2週間、あまりシャバの空気を吸っていません。という訳で、今日は天気も良いことですし、友達を誘ってお出かけしようということになりました。どこに行くかみんなで散々考えた結果、上野のアメ横に行こうという結論に達しました。アメ横は大学1年の頃に行ったきりなので、とても久しぶりです!!レッツ、アメ横!!
 アメ横はまるで7年に一度開催されるお祭り並みの賑わいでした!!私の「アメ横って何の略だろう?」なんていう悩みなどもうどうでも良いことのように思えました。絶えず聞こえてくる商魂たくましいおじ様たちの声、必死で値切るおば様たち、そして10分後には半額になってるマグロたち。とにかく、活気があります!!私もその活気に押され、フラフラ~と目に入ったお店に入ってみました。しかし、何の店かも知らずに入った私たちは陳列されてる品物たちを見て愕然。なんとそこには見渡す限りの海苔海苔海苔。そう、ここは海苔屋さんだったのです。
「おねいさん、何でも安くしとくよ!!」
どう考えても海苔を買いそうにもない小娘たちに店主は容赦なく声をかけてくる。
「この海苔なんか美味いよ?サービスするから!!」
この際、サービスなんてどうでもいい。そんなキラキラした目で見ないで!!そんな私達などお構いなしにおじさんは生き生きと海苔の説明をしてくる。しかも、どの海苔も10束かららしい。10束も海苔を買っていったら家族のみんなになんていわれるか。確か前にアメ横に来たときも、するめをもの凄い沢山買ってしまい、非難ごうごうだった・・。

|
|

2005年2月 3日 (木)

お知らせ

2月8日(火)のおはスタに出ます!!東和馬として、声だけですが。時間は朝7時から7時半のどこかです!!朝早いけど、是非見てみてください!!

|
|

2月1日

あっという間に2月だ・・。いや~1月後半は辛かった・・・。何故なら、約三年ぶりに大風邪を引いてしまいました。なんか鼻が出るな~花粉症かな~?それにしては寒気がするな~などと思いながらも、我慢できない程度ではなかったので、いつものように仕事を終え、帰宅し、なんとなくまだだるいので、久々に熱でも測ってみるかと測ったら・・・なんと38、5℃・・・。やばい・・。普段熱を出さないので、どの程度のだるさがどの程度の熱かというのを見極められないのだ。もしくは私が鈍いのだ。とにかく、熱があると自覚したとたん、もの凄い寒気が・・!!ちっ!!こうなるんだったら、熱なんて測らなきゃよかったぜ。そしたら、ただの思い過ごしのままで終わったのに・・。そんなわきゃね~けどな!!とにかくこのままではいずれ死ぬ。まだやりたいことが沢山あるのだ。気合だ!!気合で治す!!

次の日

気合では治りませんでした。熱はさらに上がり、38,7℃に。この日、とりあえず仕事に行って、病院に行きました。先生が神様に見えました。インフルエンザかと思ったけど、ただの風邪でした。薬をもらって、しばらく大人しくしてました。なんだかんだ長引いて一週間くらい、こんな感じでしたが、ようやく、ふっか~~つ!!もとに戻りました。あ~健康体って素晴らしい!!

|
|

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »