2016年11月21日 (月)

魚や あさいさん!












先日、下山吉光氏&新井里美ちゃんご夫妻のホームパーティーにお呼ばれしました!駅に着くと先に着いていた他のゲスト御家族の娘さん息子さん達がお出迎え♪「こんにちわ!」とお行儀よくご挨拶してくれる子供達に対して我が娘、人見知りビッグバーン。必死に私の後ろに隠れひたすら気配を消そうとしておりました。出て来いや…。
娘を背中に感じたままいざお宅へ!!
うおお……!!!!なんという……this is 御殿…!!とにかくめちゃめちゃ素敵なお家でした!そして今回なんと!プロの料理人さんが目の前で自らが選んだ魚を捌いて出してくれると言う豪華特典付き!子供達も海老を向く手伝いをしたり、大きな鯛へ敬意の雄叫びを上げたり、舞を舞ったりと大忙しでした。
料理はどれも絶品!!流石としか言いようがありませんでした!そしてここでも子供達のパワー炸裂でした。マグロの刺身がテーブルに上がるや否や「まぐろだぁあーー!!」の絶叫を合図に始まるマグロ祭り。そしてあっという間にフィナーレを迎えるマグロ祭り。その眼を見張る素早い狩り振りに逞しさと清々しさを覚えました。そして未だ心を開ききっていない娘はというと少し出遅れるもののちゃっかりと隣の私に「ママ、マグロ二丁。」と注文。……自分で取れや。やはり美味しいものは世代を超えて美味しいようで普段あまり食に興味のない娘もこの日は「ママ、鯛を二丁。」「ママ、海老2つ。」「マグロをもう少し。」等注文を繰り返しなんだかんだよく食べておりました。……いや、だから自分で取れや。にしても子供達も大人達も美味しい美味しいと食べている姿はなんとも言えず幸せなものだとほっこり。この日唯一の心残りといえばワタクシ…お恥ずかしながら前日に声帯疲労を起こしてしまい、目の前に並ぶ銘酒の数々を嗜むことが出来なかったことです…。あ、因みに次の日ちゃんと声出ました>_<ご心配おかけしました>_<

それはそうとひと通りお腹が満ちてくると大人はお酒と話へ、子供達は遊びへと次のプログラムへ。そしてお酒が大分進んだ旦那は恒例のおねんねタイムへ。というか私はこれを急性アルコール中毒だと思っている。隣の子供部屋に寝かされ早くもリタイアです。すると娘、父の様子がやはり気になるのかスッとその部屋へ。中々戻ってこないので一緒に寝ちゃったのかな?と様子をこっそり見に行くとそこでは娘が何やらぶつぶつ言いながら一心不乱に仰向けで寝ている旦那の顔に積み木を敷き詰めていました…。
な、何事…!?更に娘は円錐の積み木を両手に握らせ、だるま落としで使うハンマーを美容器具のように旦那の顎に滑らせリフトアップ。
………だ、旦那が悪魔の贄にされようとしている……!!逃げてっ……!!
「む、娘…!それなんの儀式!?」
という私の声にハッとする娘。からの満面の笑顔…。
「ね、ねぇ、それなんの儀式…?」
私の2度に渡る質問にも娘はただただ笑顔で答えるばかり。
「積み木、取ってあげて…。そしてそっとしておいてあげて…(多分急性アルコール中毒だから…)」
娘は渋々悪魔の儀式を中断させました。

そんなこんなで素敵なお家で美味しい料理をたらふく頂き幸せいっぱい!娘もとても楽しかったようで帰る際「やだぁー!もっと遊ぶー!帰りたくないー!」と大騒ぎ。
お前さんったらぁ……エンジンかかるの遅ぇんだよ!!!

一緒に遊んでくれたお姉ちゃん♪手品見せてくれたお兄ちゃん♪おもちゃ貸してくれたお兄ちゃん♪こんな娘ですがまた遊んでやってくだせぇぇぇ…!!(懇願)更に保護者の皆様ぁ!また私達とも遊んでやってくだせぇぇぇ…!!

本当に本当に楽しいホームパーティーでした♪下山さん!さとみちゃん!本当にありがとございましたぁ!!

|
|

2016年10月30日 (日)

ハッピーハロウィン改

今年も子供達はお菓子を求めて商店街を練り歩き、大人達は自己満足を求めて自分や子供にコスプレを施す奇祭、ハロウィンの季節がやってきました!私も例外ではないので娘に今年のハロウィン衣装は何がいいかを聞いてみると案の定「プリパラのドロシーちゃん」ときた…。必死でキッズ用を探すも見つけられず、仕方がないので娘に「無かったから他のにしない?ラプンツェルとか、去年のエルサでもいいよ?とにかくアマゾンか楽天で売ってるやつ。ドンキでもいい。」と提案したが、娘からは鬼のような返事が帰って来ました。

「無ければ作ればいいじゃない。」

………何その「パンがなければケーキを食べればいいじゃない。」みたいな。このマリーアントワネット娘がぁ…!受けて立つ!革命軍の力思い知れ…!
と言うわけで作りましたとも!裁縫の苦手な私はほぼ布用両面テープで接着をすると言うコンセプトは「頼む!今だけ持ってくれ!」。ただ帽子だけはそうはいかず全部縫いましたが通した糸の数だけ指も縫いました。





そして完成。思った以上にそれらしく出来満足な私。さぁ!これを着て毎年恒例下北ハロウィンイベントに繰り出すぞぉ!と張り切っていましたが……イベント当日38度の熱を出す娘…。

なんかそんな気したんだよねー!

マジかぁ…マジかぁ…………
結局今シーズン、一度もこの衣装をお披露目することなく間も無くハロウィンが終わろうとしている…

幸い娘は熱だけで済み、今は最近娘的ブームのWiiスポーツのチャンバラで私をフルボッコしております。

皆さま!ハッピーハロウィンー!

|
|

2016年9月28日 (水)

トーテムと一輪車の思い出。



以前娘とお台場でやっているシルクドソレイユの「トーテム」を観に行きました。人間とは思えない動きの数々に興奮しっぱないの私と娘。娘は特に一輪車の曲芸が気に入ったようで、帰りずっと一輪車やる!と意気込んでいました。

一輪車かぁ……一輪車には苦い苦い思い出がある。小学校4年の頃、家に英会話教室の勧誘が来たことがあり、入会するともらえる金メダルがとてつもないお宝に見えた私は渋る母に命を懸けた泣き落としをし無理やり入れてもらったことがあった。しかし特に英語に興味があったわけではなかった私は直ぐに躓いた。何せ少し遠いところにあったのと途中入会、更に私の超内弁慶な性格と人見知りが相俟って、中々馴染めない。そこで私は考えた。この状況を打破する方法を。
当時私達の間で一輪車が流行っていた。マイ一輪車で近所を暴走するのがトレンドで私もよくかっ飛ばし「疾風の由美子」の異名を取ったものだ。そうだ、いつもは自転車で行っているが、もし一輪車でこの英会話教室まで来たらどうなる?きっとこうなる。

「えぇ!?だ、誰?一輪車で来てる人がいるよぅ!!」
「あ!ここに名前が小林由美子…。え!?由美ちゃんの!?」
そこで私登場。
「あ、えっと、皆どうかした…?」
とはにかむ私に皆は言うのだ。
「由美ちゃん!!凄い!一輪車乗れるの!?」
「あ、うん、大したことないよ…;^_^A」
「凄い!」
「凄いよ!由美ちゃん!」
「みんなぁ!由美ちゃんが一輪車乗ってきたよーー!」
「「「えぇーー!?凄いーー!!」」」

そして始まる私カーニバル。

完璧だ…。私は直ぐに実行に移した。それは丁度今くらいの蒸し暑い梅雨空の季節。日が沈み始める約2キロ近くの道のりを汗だくになりながら一輪車でかっ飛ばした。いつもは憂鬱な教室までの道がその日は羽が生えたように軽く進む。だってカーニバルが待っているのだから。

いつもより時間はかかったが、早めに出たこともあって一番乗り。名前がよく見えるように一輪車を置き、いざ!
今日ならあの変なアメリカ人先生のカタコトすぎてよく分からない日本語も流暢過ぎて何も分からない英語も理解出来るかもしれない。皆早く来い!そして来たれ!私時代…!

ところが……1人来て、2人来て…3人来ても、誰も一輪車のいの字も触れない。あれ?置く場所間違えたのかな…そんなはずないよ、いつもの所に置いたもの…。そう、いつもの駐輪場に…!
……………

今なら分かる。置く場所を間違えたのだと。ここはマンションの一室を借りた英会話教室。自転車に紛れて一輪車が置いてあっても住人の子のかな?位しか思わないだろう。それをわざわざ小さく書かれた名前を確かめたりするほど皆時間に余裕を持って来たりしない。それにだ、ここまで一輪車で来るなんて誰が予想するだろう。トリッキー過ぎたのだ。当時の私、浅はかなり。
結局その日誰も一輪車に触れる事な く、アメリカ人先生の英語も日本語も理解出来ないまま、すっかり陽の沈んだ帰り道を人知れず一輪車に乗って黙々と帰った。この若干10歳にして体験した壮大にすべるという体験はこの後ちょいちょい私をダークサイドに誘った。
その英会話教室はそれから2年、母に尻を叩かれながら通ったが特にこの後英語にも生徒にも先生にも馴染める事もなく金をドブに捨てさせた結果となった…。

そんな事を思い出して私は娘に言った。一輪車とは悲しみの乗り物なのだと。あと一輪車の前に自転車じゃないのか、と。




iPhoneから送信

|
|

2016年9月19日 (月)

声優魂!



昨日は松岡由貴さんパーソナリティーの声優魂!の収録のため、大阪に行って参りました!久しぶりにゆきねえに会えて楽しかったー!コーナーの中で人生初のツインテールロリ少女を演じたりと貴重な体験もさせてもらいました!アシスタントの研究生の子達がとっても頑張っていて眩しかったです!
収録後はゆきねえ御用達の焼き鳥屋さんに連れて行ってもらいました!これがまためっちゃ美味い!今まで食べた焼き鳥の中で一番美味い!拳を上げるほどでした。

ゆきねえ、スタッフの皆様!本当にお疲れ様でしたー!

|
|

2016年9月 6日 (火)

ぬいぐるみサミット









娘が何度言っても片付けず物を大事にしないので「人形達が大事にしてくれないって夜中会議してたよ?ほら!」と娘が寝た後に工作した会議風景を見せると娘絶句。そう反省しろ。すると娘「まったく!ラムネ食べっぱなしじゃない!」と憤慨していた。違う…そこじゃない。余計な演出してしまった…

|
|

«夏といったらコレだよね!スタッフ&キャストデュエマ大会ー!